お菓子通ネット

まいあめ工房
まいガム工房
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
ホーム
お菓子日記
駄菓子レシピ
喰わずに死ねるか!
駄菓子トリビア
業界レポート
運営者について

お菓子日記2010年 06月の記事

秋季発売の「新製品合同説明会」 [お菓子日記:2010年06月24日]

null

秋の本格的な菓子需要シーズンを目前に控えチョコレートの大手メーカー7社(江崎グリコ㈱、㈱不二家、㈱ブルボン、明治製菓㈱、名糖産業㈱森永製菓㈱、ロッテ商事㈱)は、6月23日㈬午前10時~名古屋市南区・日本ガイシフォーラムレセプションホールにおいて「平成22年秋季菓子新製品説明会」を開催しました。
勿論、私もこの説明会に参加して来ました。

20100624-10_06_24_ChocoS_2.jpg

<[秋季発売の「新製品合同説明会」]のつづき>

モノ作りの感動 [お菓子日記:2010年06月18日]

モノ作りの気持ちを体験しよう…と今春から始めた「家庭菜園」。毎日、水やりをしたり余分な脇芽を摘んだり、成長に合わせて支柱に沿わせたりした結果、本日初収穫を迎える事が出来ました。数は少ないのですが初収穫に感動。

null

<[モノ作りの感動]のつづき>

ルーツを知る事 [お菓子日記:2010年06月16日]

5月の業界団体の「総会」を終えて、改めて業界には色々な団体がある事を痛感しました。
業界団体には、原材料商社の団体~メーカー・生産者団体~流通卸団体など様々な業態の団体があるのですが、特に中部地区は「メーカー・生産者団体」が多いのが特徴です。

null

良くマスコミさんから「何故、中部地区~愛知県にはお菓子の製造メーカーが多いのですか?」と言うご質問を受けるのですが、先祖からこの業界に身を置いておらず、全く別の世界から今の仕事に就いた若輩の私には何の知識も無く、本当にこの業界に入った当初は右も左も分からない状況で、困惑したものでした。
が、逆にこの環境が良かったのでしょうか?「分からないなら調べれば良いじゃん…」と言う開き直りも合ってか、また、仕事柄でしょうか?訪問する企業でお話しする方々は、皆さん創業者の方や現役時代バリバリの方が多く、駆け出しでヒヨッコの私に、業界のお話や創業時のお話を沢山して下さり、本当に恵まれていました。
と言う事もあって、年齢にそぐわず、業界の事に少々詳しくなりました。

<[ルーツを知る事]のつづき>

小売店の役割 [お菓子日記:2010年06月10日]

今週は、久々にゆっくりと出来る1週間となっています。
これまで、業界の「総会月」と言う事で、毎日の様に「総会」の取材に出かけていたのですが、ホッと一息。
何気に足元を見てみると愛用している靴の底が磨り減って大穴が開いていました。
「これはみっともない…」と、早速新しい靴を買いに地元の靴屋さんに出かけたのですが、なかなか気に入った一足に出会えないのです。

null

<[小売店の役割]のつづき>

異常気象? [お菓子日記:2010年06月07日]

null

6月4日の金曜日は、私が担当する業界組合の最終となる「愛知県飴菓子工業協同組合」の総会に出席しました。愛知県は飴の製造メーカーさんが大変多い地域ですが、組合加盟は任意ですので、組合員企業は現在30社。でも、大手の春日井製菓さんや名糖産業さんは、この組合には入って見えないで、上部の全国団体に加盟して見えるのが現状です。

この日は、本当に暑い一日でした。何か真夏日のようで、車に乗ってもエアコンを付けなければとても居られませんでしたね。
今年は何だか寒い日が長引いたと思ったら、いきなりこの暑さ…。これって異常気象でしょうか?

<[異常気象?]のつづき>

モノづくりの大変さ… [お菓子日記:2010年06月04日]

一昨日、本日と日刊紙上で、食品関連の商品事故の発生とお詫びの社告が大きなスペースを割いて掲載されていました。

null

食品業界にとって商品への異物混入は”直接口に入るもの…”だけに企業の存続を左右する大問題です。
一昔前は、どんな商品もヒトが手作りで”1つ1つに真心込めて…”が謳い文句となる様な時代でしたが、ヒトが介在する事によって逆に異物混入のリスクは高くなり、今では出来る限りヒトを介在させない事で異物混入のリスクを軽減しよう…と、装置産業化が進んでいる事も事実です。
しかし、完全自動化したからと言って異物混入が完全に無くなる…と言うものではありません。何故なら、生産設備も毎日の清掃や定期点検などをシッカリしているにも拘らず、予想だにせぬ部品の破損や欠落によって知らぬ内に事故が発生する事もあるからです。
機械化する事によって”ボタン一つで均一な品質の商品が出来る…”と言う気の緩み(?)も有るのかも知れませんが、どこまで行っても最終製品のチェックは必要な訳です。
食品にとって”安心・安全・高品質”は今や当然の事となっているのですが、以外にこれを実現する事は容易い事ではないのです。

<[モノづくりの大変さ…]のつづき>

やっと総会の嵐が一段落 [お菓子日記:2010年06月01日]

5月13日を最後に更新作業が途絶えていましたが、ようやく総会の嵐が一段落しました。
この間、自分がお世話をさせて頂いている業界団体の総会を始め、東京~三重~東京~岐阜~愛知~岐阜と、ほぼ毎日のように総会に出席し、その度に記事の編集をして、もうクタクタ状態です。

<[やっと総会の嵐が一段落]のつづき>

検索
ログイン