お菓子通ネット

まいあめ工房
まいガム工房
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >
ホーム
お菓子日記
駄菓子レシピ
喰わずに死ねるか!
駄菓子トリビア
業界レポート
運営者について

2010年 02月の記事

サイトリニューアルしました [お菓子日記:2010年02月15日]

いつも「お菓子うらわざ雑学講座」をご利用いただき誠にありがとうございます。
このたび、より見やすいサイトを目指してサイトをリニューアルいたしました。
今後とも「お菓子うらわざ雑学講座」をよろしくお願いいたいたします。

「駄菓子」にゃ住みづらい世の中になった [お菓子日記:2010年02月14日]

「駄菓子の博物館」を作っていて、感じた。
「駄菓子」にゃ住みづらい世の中になったな~って。

有名どころの駄菓子たちは、スーパーやコンビニに並ぶため、「バーコードの髪飾り」を付けて、「賞味期限の口紅」をぬって、24時間さらされる照明から身を守るため「アルミで出来た衣装」を纏わなきゃいけないだよね。

僕らが子供の頃に比べて、今はずっと便利になった。
自動販売機はそこらじゅうにあるし、24時間営業のコンビニやファーストフードの店も至る所にある。

でも、便利になった代わりに無くした物がずいぶんあるんじゃないのかなって、そんな気がする。

<[「駄菓子」にゃ住みづらい世の中になった]のつづき>

「カップゼリー」について [駄菓子トリビア:2010年02月01日]


皆さんの中にも「ゼリー」大好きな方が沢山いらっしゃると思いますが、「ゼリー」にも色々な種類が有り、形態から分類すると小さなカップ入りの「ポーションゼリー」や最もポピュラーな「カップゼリー」 などがあり、原料から分類すると「寒天ゼリー」や「ゼラチンゼリー」などに分類されます。

さて、今回は皆さんに最も身近でよくスーパーやコンビニエンスストアなどで売られている「カップゼリー」に付いて更に詳しくお伝えします。

<[「カップゼリー」について]のつづき>

「ラムネ」飲料について [駄菓子トリビア:2010年02月01日]

コンビニや自動販売機などで売られている清涼飲料水はすっごく種類が多くて、大量生産によって価格も安いのが当たり前になってきているんですが、駄菓子屋さんの定番商品「ラムネ」は100年の歴史を持つ飲料の原点であり、中でも本物の「ラムネ」は製造に結構手間がかかって、皆さんが通常「ラムネ」と思って飲んでいる商品の中には「サイダー」に分類される物も多く、本当の「ラムネ」といえるものが少ないからなんです。

「ラムネ」の本物は、炭酸のガス圧によって、栓のビー球が圧着されている物のことを言い、ただ単にビンの形や、ビー球で栓をされているものを「ラムネ」とは言えないんですよねぇ・・・。

ま、とにかく製造工程をご覧いただき、本物の「ラムネ」とはどういうものかを見ていただくこととしましょう。

<[「ラムネ」飲料について]のつづき>

検索
ログイン