お菓子通ネット

まいあめ工房
まいガム工房
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
ホーム
お菓子日記
駄菓子レシピ
喰わずに死ねるか!
駄菓子トリビア
業界レポート
運営者について

2009年 12月の記事

たまごボーロの作り方 [駄菓子レシピ:2009年12月19日]

ボーロの言語はポルトガル語のBoloのようです。
今回のレシピは岩本製菓さんにご協力をいただき、
駄菓子製造部長がご家庭でも簡単に作れるようにアレンジしました。

[ 用意するもの ]

卵1/3(20g)個、 小麦粉10g、 片栗粉100g 練乳 10g
上白糖 60g
重曹 少々(本来は炭酸アンモニュームを使用しますが
今回は入手しやすい重曹を使用します)


<[たまごボーロの作り方]のつづき>

ヨッシーのクッキーの作り方 [駄菓子レシピ:2009年12月19日]

スーパーマリオでおなじみの「ヨッシーのクッキー」のレシピです。

[ 用意するもの ]

卵1個、砂糖110g、バター180g、ブロックチョコ200g、
小麦粉300g、塩少々

バター、チョコは湯煎しやすいように細かく切っておくと便利です。


<[ヨッシーのクッキーの作り方]のつづき>

揚げおかき&雛あられの作り方 [駄菓子レシピ:2009年12月19日]

駄菓子製造部長、久々の登場です。
今回は揚げおかき&雛あられです。

 
[ 用意するもの ]
お餅、塩、醤油、食紅(食品用色素)、砂糖



鏡割りは市販のおもち(□でも〇でも良い)をネットに入れ
風通しの良いところでぶらさげておきます。
調子がよければ一週間ぐらいでヒビが入ります。



<[揚げおかき&雛あられの作り方]のつづき>

ラスクの作り方 [駄菓子レシピ:2009年12月19日]

駄菓子製造部長、今回はラスクに挑戦です。
ちょっと硬くなったパンもこんなにおいしいラスクに変身です。

[ 用意するもの ]

パン(食パン、フランスパンなどお好みのものを)
粉砂糖 60g、卵白 20g レモン汁 少量


<[ラスクの作り方]のつづき>

シリアルクッキーの作り方 [駄菓子レシピ:2009年12月19日]

駄菓子製造部長お奨めの品、「シリアルクッキー」のレシピです。

[ 用意するもの ]

シリアル50g(市販のもの、今回はチョコ味を使いました。コーンフレークでも可)、
マシュマロ30g、バター10g

<[シリアルクッキーの作り方]のつづき>

かるめ焼きの作り方 [駄菓子レシピ:2009年12月16日]

「駄菓子のレシピ」今回は、金沢市の八木清香さんのリクエストに
お答えしてかるめ焼きのレシピです。

その前に駄菓子製造部長から一言。それでは、部長どうぞ!

こんにちは。駄菓子製造部長です。いつも、家庭で作る駄菓子のレシピを、ご利用ありがとうございます。今回はリクエストにお答えして、かるめ焼きにチャレンジしてみました。
難易度10です。12回目と、16回目に成功です。18回目に失敗した時なんか、もうかんべんして、という感じでやめてしまいました。
特に ブクブクからポタポタにかわるタイミング(火からおろして、重曹をいれる)が難しくて、早いとふくらまないし、遅いと飴状になります。重曹も入れすぎるとふくらみ過ぎておいしくありません。(重曹は薬屋さんにも売ってるんですよ)

<[かるめ焼きの作り方]のつづき>

マコロンの作り方 [駄菓子レシピ:2009年12月16日]

「駄菓子のレシピ」第4回は、「マコロン」のレシピです。

[ 用意するもの ]
ピーナッツ炒り粉(生でない物)250g、砂糖200g、卵1個、
バター10g、ベーキングパウダー小さじ1杯、
シナモン少々、牛乳少量、クッキングシート



<[マコロンの作り方]のつづき>

鈴かすてらの作り方 [駄菓子レシピ:2009年12月16日]

「駄菓子のレシピ」第2回は、「鈴かすてら」のレシピです。

[ 用意するもの ]
ホットケーキミックス 200g、卵 1個、 牛乳 150cc、
蜂蜜大さじ 4杯、サラダ油 適量、サラダボール、たこ焼き器


<[鈴かすてらの作り方]のつづき>

べっこう飴の作り方 [駄菓子レシピ:2009年12月16日]

「駄菓子のレシピ」第1回は、「べっこう飴」のレシピです。

[ 用意するもの ]
砂糖、水飴、水、サラダオイル、耐熱容器、
ぬき型、受け皿、アルミホイル


●耐熱容器に砂糖(大さじ3杯)と水(小さじ1杯)を入れよく混ぜます。
 (水飴を大さじ1杯ほど加えると固まりやすくなります。)
●電子レンジで約3分加熱します。色が少し変わり始めたところで取り出します。

<[べっこう飴の作り方]のつづき>

駄菓子博物館 懐かしの駄玩具 [駄菓子トリビア:2009年12月15日]


独楽(木製)
木製のこま。部屋の中で遊ぶと
よく障子に穴が開いて怒られた。(^^;)

<[駄菓子博物館 懐かしの駄玩具]のつづき>

駄菓子博物館 かなりレアな駄菓子たち [駄菓子トリビア:2009年12月15日]


永井製菓
30円 ばなやん
馬鹿味のバナヤン。カステラ生地に
チョコがかかっています。
ちょっとそこらじゃ見つからない。

<[駄菓子博物館 かなりレアな駄菓子たち]のつづき>

駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち3 [駄菓子トリビア:2009年12月15日]


安部製菓
10円 くだものラムネ
オレンジやイチゴ味のフルーツラムネ

<[駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち3]のつづき>

駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち2 [駄菓子トリビア:2009年12月15日]


共親製菓
20円 きびだんご
桃太郎で有名な?きびだんご。

<[駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち2]のつづき>

駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち1 [駄菓子トリビア:2009年12月15日]


共親製菓
30円 さくらんぼ
一つ一つ爪楊枝で召し上がれ。
姉妹品に青りんご、サイダー餅もあります。


<[駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち1]のつづき>

駄菓子博物館 有名どころの駄菓子たち2 [駄菓子トリビア:2009年12月15日]


松尾製菓
10円 チロルチョコレート
10円駄菓子の草分け的存在。昔に比べ、
格段に味が良くなってます。

<[駄菓子博物館 有名どころの駄菓子たち2]のつづき>

駄菓子博物館 有名どころの駄菓子たち1 [駄菓子トリビア:2009年12月13日]


丸川製菓
20円 オレンジマーブルフーセンガム
オレンジガムと言えば遠足のお友達。
昔は4個入10円だった。
あたりが出たらもう一つ、と言うのが子供の心をくすぐる。

<[駄菓子博物館 有名どころの駄菓子たち1]のつづき>

名古屋嫁入り物語<嫁入菓子> [駄菓子トリビア:2009年12月13日]

名古屋を中心とした尾張地方では、昔から結婚式が派手なことで知られています。
結婚式の当日、花嫁が家から出ていくときにお菓子をまくのも、この地方独特の風習です。
これは、花嫁さんを見に来てくれた近所の人たちに、お礼の意味でお菓子を包んだ紙袋を
配ったものが、いつしか「菓子蒔き」に形を変えていったと言われています。


<[名古屋嫁入り物語<嫁入菓子>]のつづき>

駄菓子屋講座 立案編 [駄菓子トリビア:2009年12月13日]

駄菓子屋を企画した場合、まずやらなければならないことは予算案の策定である。出店にかかる費用の概算を計算し、会費を募る成り、OBからせびるなりせねばならない。

1,出店駒代
高校の場合は、まずかからない場合が多いだろうが、大学などの場合は、「ほにゃらら祭実行委員会」なる物に、なにがしかの出店料を徴収さえれる事が多いだろう。

2,備品代
商品陳列のための陳列台(テーブルや台を作る段ボール)や販売時に商品を入れる袋、など。

3,商品仕入代
当然のこと売る品物の仕入代はかかる。問題となるのは、いったいどれぐらい仕入れたらいいかという事だ。

<[駄菓子屋講座 立案編]のつづき>

駄菓子屋講座 仕入編 [駄菓子トリビア:2009年12月13日]

立案編で述べたように、需要予測を行ってから仕入をするわけだが、気を付けなければいけないのは、来客数は天候によって大きく左右されると言うことだ。立案編で示したデータは2日間とも比較的天候に恵まれたケースで、さらにイベント全体の動員数が30数万人という規模の物であった。学祭のおける過去の動員数を調べておくことも必要。学祭が終わった後、大量の売れ残りを抱えてしまわないためにも、うまく仕入を行うべし。

<[駄菓子屋講座 仕入編]のつづき>

駄菓子屋講座 売り方編 [駄菓子トリビア:2009年12月13日]

最後に売り方である。せっかく駄菓子屋をやる以上楽しんでやるべし。

1,販売商品のカンペ、あんちょこ作るべし。
駄菓子を買ったことはあっても、売った経験のある人は少ないはず。仕入れた商品全ての値段を覚えられるものではない。販売する人から見やすい位置に、商品名と販売単価を書き出したあんちょこを何カ所か張っておくと混乱が少ない。

<[駄菓子屋講座 売り方編]のつづき>

ポン菓子ができるまで [駄菓子トリビア:2009年12月12日]


さて、これが問題のPOPマシーンです。これはイベント用に小型の物ですが、専用工場に据え付けてあるものはもっと大型で、本当に大砲みたいです。小型と言えども破壊力(?)は十分で、すんごい轟音が響き渡ります。

<[ポン菓子ができるまで]のつづき>

おおながあられ(ハヤシ製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



今年の1月に更新してもらってから体調を崩してしもうてのぉ。久々の更新となってしもうたワイ。

ま、ワシも「寄る年波には勝てん…」と言う事かのぉ。楽しみにしてくれていた皆の衆にはスマン事をしたのぉ。

まぁ、ワシの人生もそう長くは無いようじゃが、出来る限り健康には気をつけて、これからも若い衆に「昔ながらのお菓子の良さ」を伝えて行ければ幸せな事じゃて。

<[おおながあられ(ハヤシ製菓)]のつづき>

柿の種とピーナッツ(忘れてしもうた) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



皆の衆!謹賀新年じゃぁ!

久々の更新となってしまったが、ワシのせいではないぞヨ。Webマスターの事情と言う事じゃからのぉ。

さて、今年のお正月は、珍しく孫の家にお世話になる事にしたのじゃ。新年早々から新幹線での移動となった訳じゃが、車中で欠かせないものと言えば「ビールとおつまみ」じゃ。

その「おつまみ」も、色々じゃが、ワシゃやっぱり「柿ピー」が一番のお気に入りじゃ。

<[柿の種とピーナッツ(忘れてしもうた)]のつづき>

ザ・かたぬき(書いてないのじゃ) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



台風の記録的な直撃や地震など、本当に今年は大変な年になったものじゃなぁ。

新潟県中越地震や、三重県・兵庫県などの台風による被災者の皆さんには、本当に心からお見舞い申し上げると共に、一日も早い復興を願うばかりじゃ。

さて、今回は家族旅行で懐かしくも有り、面白いものを見つけたので紹介することにするかのぅ。

「かたぬき」なんじゃが、皆の衆はご存知かのぅ?。

<[ザ・かたぬき(書いてないのじゃ)]のつづき>

人参(にんじん)(岸上製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



いやぁ、本当に今年は台風の当たり年じゃのぅ。

この前の台風22号にはほとほと参ったワイ。

ワシの地元では、丁度その週末にお祭りを予定しておってのぅ。子供達にふるまうお菓子を沢山用意しておったんじゃが、ああも激しい雨・風では中止せざるを得なかった訳じゃ。

しかしのぅ、折角子供達の為に買い揃えたお菓子じゃ、町内の子供達にはふるまおうと言う事で、皆のお宅にお邪魔して手渡し、本当に喜んでもらえたワイ。

<[人参(にんじん)(岸上製菓)]のつづき>

フィリックスガム(丸川製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



さて、復帰第2弾のお薦め商品はフーセンガムじゃ。

と言っても、ワシはL社の板ガムはどうも好きになれんでのぉ。

いつも孫とお菓子を買いに行く駄菓子屋で買い求めるのは、丸川製菓の商品じゃて。

今回は、その中でもワシが子供の頃からあった代表商品の「フィリクスガム」を紹介するとしよう。

<[フィリックスガム(丸川製菓)]のつづき>

はちみつ丸ぼうろ(山内製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



皆の衆、お久しぶりじゃのう。

今まで、何の病気も無く、元気そのものじゃったが、ワシも寄る年波には勝てぬでのう。

少々床に臥せって療養しておったのじゃが、ようやく復帰する事が出来たのじゃ。

その間、皆の衆やWebマスターには大変迷惑を掛けてすまんかったのう。

まぁ、無理をせぬようボチボチやってゆく事にするかのぅ。

<[はちみつ丸ぼうろ(山内製菓)]のつづき>

ハイ!トーチャン(ミリオン製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



今回は、久しぶりに”駄菓子”のお気に入りを紹介する事にしよう。

しかし、ワシ等の子供の頃は、学校の近くには必ず学用品と菓子を商う駄菓子屋があって、学校から帰ると50円玉を握りしめてよく通ったもんじゃが、今ではそんな店も少なくなったのぅ。

さ、それはさて置き、早速試食じゃ。

<[ハイ!トーチャン(ミリオン製菓)]のつづき>

うすやき小丸(三幸製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



皆の衆、2003年「謹賀新年」じゃ。

昨年は当ページ主宰のmt-fuji君が体調不良ということで、ワシのコーナーも更新ナシという悲しい事態となり、少々残念じゃったわい。

ワシほどではないにしろ、彼もそろそろ健康に注意する必要がある年回りとなったという事じゃろうて。

さ、それはさて置き、更新が再開されたということで、今年のお正月にコタツでゆっくりするために買ってきたお茶うけを紹介する事としよう。

<[うすやき小丸(三幸製菓)]のつづき>

大玉百科(アメハマ製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



いやぁ、お盆休みは孫どもの来襲で、てんてこまい。ワシもホトホト疲れたわい。

しかし、子供は本当に元気のカタマリよのぉ。あの元気は一体何処から来るんじゃろうのぉ。まぁ、孫どもも無事満足して帰った事じゃし、ホッと一息疲れを癒したいものじゃ。

疲れた時には甘いものが欲しくなるのぉ。何か無いかと戸棚を覗いたところ、この商品を見つけたのじゃ。

<[大玉百科(アメハマ製菓)]のつづき>

フィンガービスケット(三ツ矢製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



8月に入ってそろそろお盆休みが近づいてきたのぅ。

毎年このシーズンには、孫達が大挙して訪れてくると言う事も有って、お菓子の買い置きも忘れられない状況じゃて。

しかし、暑いからと言って水気のものばかりを食うて居ると”夏バテ”の心配もあるし、かといってくどいものや、バサバサしたものは食べる気にもならんし、困ったものよのぉ。

<[フィンガービスケット(三ツ矢製菓)]のつづき>

ライオネスコーヒーキャンディ(ライオン製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



6月ともなると、そろそろ梅雨のうっとうしい季節が心配じゃが、今年は良いお天気がこのところずっと続いて、日によっては、一足飛びに夏を感じさせる暑い日もぼちぼちじゃのぅ。

こりゃ、ひょっとすると、今年は空梅雨になりそうじゃのぅ。

さて、今回はこんな良いお天気の日にぶらぶら散歩に出かけるときのお供を探し出してみたんじゃ。

<[ライオネスコーヒーキャンディ(ライオン製菓)]のつづき>

蜂蜜太郎(宇佐美製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



穏やかな日和が続いて、いよいよゴールデンウィークの到来じゃ。

今年は天候にも恵まれそうで、行楽地ではかなりの人出となりそうじゃのぅ。

行楽のお供といえば、スナック菓子じゃろうて。 しかし、ワシ等のような年寄りには”ポテトチップス”のような油菓子はちょっとのぅ。そこで今回買い求めたのがこの商品じゃ。

<[蜂蜜太郎(宇佐美製菓)]のつづき>

マコロン(マコロン製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



お雛様が飾られて、ようやく暖かい日が感じられるようになったのぅ。

そんな陽気の日には縁側で”ひなたぼっこ”をしながらお菓子を摘むのが楽しみじゃ。

そこで今回買い求めたのがこの商品じゃ。

ワシが若かりし頃は、焼菓子はビスッケットやクッキーなど結構値段が高かったような気がするが、この”マコロン”は良く食べた記憶があるぞ。

<[マコロン(マコロン製菓)]のつづき>

源氏パイ(三立製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



節分も過ぎ、暦の上では”春”となってはおるんじゃが、まだまだ寒い日が続いて、暖かな陽射しが待ち遠しいこの頃よのぉ。

少々冷え込む日には、温かいミルクや紅茶などをすすりながら、おいしいお菓子をつまむのが最高じゃて。

そこで今回買い求めたのがこの商品じゃ。

<[源氏パイ(三立製菓)]のつづき>

シガレット(オリオン) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



皆の衆「謹賀新年」じゃ!

お正月は如何じゃったかのぅ。ワシの住む東海地方は正月2日の夜から雪が降ってのぅ。何でも17年ぶりの記録的な降雪らしくて、正月早々から雪かきで腰が痛くなったわぃ。

さて、新年早々の「喰わ死ね…」は、こども菓子じゃ。

というのも、正月にワシの可愛い孫が遊びに来ておってのぅ。もちろんお年玉の他に何かお菓子を買ってやろうという事になって、近所のだがし屋に出向いたわけじゃよ。

<[シガレット(オリオン)]のつづき>

プチマドレーヌ(東海氷糖) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



何か今回の更新は随分遅くなったみたいじゃのぅ。

ワシはいつも通り原稿を上げたんじゃが、ウェブマスターのmt-fuji君が何でも新しいウェブサイトをグループでスタートしたとかで、そのせいらしいんじゃ。

何でも、在名お菓子業界の若手で「お菓子2ネット」(お菓子通ネット)と言うらしんじゃが、覗いてみた所すんごいアクセス数じゃったぞい。

ま、この話はさておいて、今回はちょっとケーキ類を探してみたんじゃが、これが大正解でのぉ…。

<[プチマドレーヌ(東海氷糖)]のつづき>

うすやき小丸・サラダ(三幸製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月06日]



ワシにとっての秋は、勿論「食欲の秋」じゃ。

一般的には「収穫の秋」でもあるわけで、農作物を原料としたお菓子もおいしくなる季節じゃて。

今回は、米菓から選んでみたんじゃが、新米の時期になると「米菓」も一層おいしくなるんじゃ。

<[うすやき小丸・サラダ(三幸製菓)]のつづき>

カニチップ(ハル屋) [喰わずに死ねるか!:2009年12月05日]



朝夕に涼風を感じられるようになり、いよいよ秋本番と言う感じとなってきたのぅ。秋といえば、「食欲の秋」「スポーツの秋」じゃ。

今回は孫の運動会の応援に行くというので、スナック菓子をチョイスしてみたんじゃ。

スナック菓子と言えば「C社」が圧倒的なシェアを誇っておるが、どうも年を取ると油くどさに弱くなってのぉ、それと今の流行の味にはちょっと着いて行けんのじゃよ。

<[カニチップ(ハル屋)]のつづき>

クリケット(前田製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月05日]



ようやく夏休みも終って、孫の幼稚園も始まり「ホッ」と一息。孫の可愛さはひとしおなんじゃが、あのパワーに付いて行くには、年寄りにはちょっと荷が重いのぅ。

さて、今回は孫が帰るという事で、近所のお菓子やさんへ連れて行ったときに、買い与えた「クリケット」を紹介するぞぃ。皆も、小さい時に食べた記憶があるんではないかのぉ。

<[クリケット(前田製菓)]のつづき>

都こんぶ(中野物産) [喰わずに死ねるか!:2009年12月03日]



孫が「夏休みだぁ!」といって遊びに来ている我が家は、「祭りだ!花火だ!」と大忙しじゃ。

そんなこんなで、ついつい行き先でビールに手が伸びて「つまみに何か…」 と、そんな時にピッタリなのがこの商品じゃ。

皆も、遠足などに持っていった記憶があるんではないかのぉ。

<[都こんぶ(中野物産)]のつづき>

ボンタン飴(セイカ食品) [喰わずに死ねるか!:2009年12月03日]



そろそろ全国的にうっとうしい「梅雨」に入ったという話じゃが、今年の「梅雨」は以外に、晴れと雨の日がはっきり分かれて交互に来るような気がするのぅ。

ま、これはワシの希望的観測じゃがの…。

こんな、天気の時は日も長くなってきた事じゃし、夕方の散歩にしゃれ込むのも良かろうて。

散歩の時には、ポケットにお気に入りのお菓子を詰め込みたいものよのう。本当は、キャラメルなんかが良いんじゃが、ワシはどうも噛み癖があってのう。歯の治療痕が気になるんじゃよ。

<[ボンタン飴(セイカ食品)]のつづき>

夏のバナヤン(永井製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



いよいよ5月、ゴールデンウィークの到来じゃのう。
めっきり温かくなって陽気も最高じゃて。

こんな時は、お気に入りの菓子でもポケットに詰め込んで、散歩がてらにちょっとしたピクニックでもしたいもんじゃのう。じゃが、菓子類にとっては、あまり暑くなり過ぎても困るらしいんじゃ。ま、品質保持に神経を使うと言う事じゃろう。

<[夏のバナヤン(永井製菓)]のつづき>

アーモンドフレイバー(加藤孝製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



花見のシーズンになったと言うのに、突然雪が降ったりして依然として寒いのぉ。もう、季節感も何も有ったものではないのぅ。

花見にしゃれ込んだお陰で、風邪をひいてしまったぞぃ。一説には「師匠も年柄も無く花粉症?」なんて言われて、踏んだりけったりじゃワイ。

でも、そろそろ春になるのかのぉ。

さて、今回は先回に続いて、昔懐かしいお菓子を探しに行ってきたんじゃ。この頃、やけに懐かしいお菓子を探したくなってきたんじゃが、素朴な味が恋しくなる歳になったと言う事かのぉ。

<[アーモンドフレイバー(加藤孝製菓)]のつづき>

しょうゆピーナツ(油屋) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



3月になったと言うのに依然として寒いのぉ。季節は一体どうなって居るんじゃぁ?

こう寒さが続くんじゃぁ、体調も崩れるのぉ。それに加えて、寒いにも関わらず花粉症の症状も出始めたしのぉ。

と言うことは、春もそろそろと言うことかのぉ。

さて、今回は昔懐かしいお菓子を探しに行ってきたんじゃ。しかし、中々これと言った商品に出合えんでのぉ。そんなときに見つけたのがこの「しょうゆピーナッツ」じゃ。

<[しょうゆピーナツ(油屋)]のつづき>

しるこサンド(松永製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



今年はというか、このところ季節は一体どうなって居るんじゃぁ?めっきり寒くなって秋を通り越してしまったのぉ。

こう寒さが急じゃぁ、体調も崩れるのぉ。ま、寒くなったことじゃし、今回は一気に冬物商品を探す事にしたのじゃ。

冬といえば温かい食べ物じゃて。しかし、菓子で探すとなると…うーむ…。そうじゃ、「しるこ」じゃ。と言う事で、店頭に探しに行ったんじゃが、あれこれ探しておるうちに昔よく食べたこの商品に再会したのじゃよ。

<[しるこサンド(松永製菓)]のつづき>

ファミリードーナツ(明治ベーカリー) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



いやぁ、先月の「東海豪雨」には、本当に驚かされたのぅ。このHP主宰のmt-fuji君始め、メンバーの皆さんも大変じゃったそうな。

お蔭さんと、ワシの住んでいる地域はそんなに被害は無かったんじゃが、それでももう少しで床上浸水になりそうじゃったよ。

ちょいと、前置きが長くなったのぅ。それでは今回は「食欲の秋」という事で、おやつの定番(?)の中から選んだ「ドーナツ」のお勧め品を紹介することにしよう。

<[ファミリードーナツ(明治ベーカリー)]のつづき>

たべりん(スギ製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



暑かった夏もいよいよ終わりじゃのぉ~。いやぁ、本当に今年の夏は厳しかった。最近ようやく朝・晩涼しさが感じられるようになって、一安心といったところじゃよ。

さて、今回は…最近行楽に行った三河地方で買い求めた「えびせんべい」を紹介するとしよう。

<[たべりん(スギ製菓)]のつづき>

歌舞伎揚(天乃屋) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



いやぁ~、毎日毎日暑いのぉ~。ワシは、夏生まれなんで暑さにゃぁめっぽう弱いんじゃヨ。

毎年この時期になると、食事が中々進まないんじゃ。パンは、パサパサしてどうも苦手で、どちらかというと、ワシはパンではなく「ご飯党」なんじゃが、それでも中々食が進まんのぅ。

ま、毎年の事といえばそれまでなんじゃが、ここでワシの栄養補給法を紹介しておくとしよう。

<[歌舞伎揚(天乃屋)]のつづき>

えびちび(イケダヤ製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



さて今回は「えびせんべい」を探すこととしたんじゃ。「えびせんべい」と言うと愛知県でも三河地方〈碧南・一色・豊浜)が産地として有名じゃが、聞くところによるとこんなうまい商品をあまり食べない地方もあるそうな。

ワシとしては、この地方に生まれて良かったと思っておるよ。何せ「えびせんべい」が豊富に品揃えされておるし、第一「馬鈴薯でんぷん」に「えび」を混ぜ合わせて焼くという、極めてシンプルな商品にもかかわらず、こんなに品種がそろっている物もあまりないからのう。

<[えびちび(イケダヤ製菓)]のつづき>

クリームソーダ(清水製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



いやぁ、まだ6月になったばかりというのに何でこんなに暑い日が続くんじゃろうのぉ。

ワシは夏産まれなんで暑さには本当に弱いんじゃ。もう毎日汗だくだくで参った参った。

ま、こんな時にはやっぱりジュースじゃて。しかし、ただ単なるジュースではないぞ。お風呂上りに「ポキンッ」と折って食べるやつじゃ。そうそう、俗に言う「チューチュー」というヤツじゃよ。

<[クリームソーダ(清水製菓)]のつづき>

アーモンド魚(フィッシュ)(泉屋製菓総本舗) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



いよいよ球春到来!いやぁ~、これからの季節は仕事を早目に切り上げて、ビール片手にナイター観戦としゃれ込むには絶好の季節となったのぉ・・・。実を言うとワシは・・・おっと脱線するところじゃったわい。話を本題に戻すとしよう。

つまり、今回はこういったシーンに合った商品を求めて店頭をウロウロ探し回ったわけじゃが、おつまみ物のメッケ物を探そうとすると結構大変じゃのぅ。「チーかま」や「さきいか」「サラミ」「柿の種」や「スナック菓子」は飽きたし、缶詰物も大げさすぎるし・・・。そこで発見したのがこの商品じゃ。

<[アーモンド魚(フィッシュ)(泉屋製菓総本舗)]のつづき>

ドライ長崎カステラ (長崎屋 小田製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



この商品を初めて見た時、一体なんじゃか解らんでのぉ。商品名の「ドライカステラ」で始めて乾燥カステラと解ったんじゃ。乾燥したカステラなんて・・・と思っては見たものの、一度食べてみようと思い買ったところ大正解じゃった。

<[ドライ長崎カステラ (長崎屋 小田製菓)]のつづき>

玉子入り落花(岩月製菓) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



先回は、このコーナーの本来の趣旨に反して大手メーカーの製品を取上げたんじゃが、まぁあれはあれで少々訳ありじゃったんで許して頂くとしよう。

さて、今回はローカルメーカー物と言う事で、色々と物色してきたわけじゃが、最近ワシが原稿を書く時の飲み物と言えばやはり日本茶が多くなったんじゃが、これに合う菓子と言う事で、この小麦せんべいを買ってみたんじゃ。

<[玉子入り落花(岩月製菓)]のつづき>

ムースポッキー(江崎グリコ) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



今月は少々アップするのが遅くなってしまったのう。すまん、すまん。ミレニアムイヤーを、自宅で原稿締め切りに追われておったんで、遅まきながらの正月休みを取っておったのじゃ。ウェブマスターのmt-fuji君には気をもませてすまんのう。

さて、そのおかげと言うか丁度この商品の発売中止と言う出来事に遭遇でき、早速、東京に住むワシの弟子に商品を買って送ってもらったんじゃ。

<[ムースポッキー(江崎グリコ)]のつづき>

焼あしするめ カムデー(一十食品) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



皆の衆、2000年と言う新しい年の始めはいかがじゃったかのう?私は、あいも変らずコタツにうずくまって、喰いまくり・原稿書きまくりの日々をおくっておった。

さて、 新年第一回目となる今回は、年末・年始に掛けて大変お世話になった「おつまみ」からおすすめを出す事にしたのじゃ。

<[焼あしするめ カムデー(一十食品)]のつづき>

すだち爽やかのど飴 かりん蜂みつのど飴(大丸本舗) [喰わずに死ねるか!:2009年12月02日]



今回は、これからお世話になる機会の増える「のど飴」を買ってきたのじゃ。実を言うと、この原稿を書く前にひどい風邪を引いて、のどがガラガラでもう大変だったんじゃ。

「のど飴」は結構各メーカーから出されていて、私もヘビーユーザーの一人な訳だが、ハーブや生薬っぽいものが多く出回って、それら商品はどうも「おいしい!」とはいい難く、機能優先で買っておったんじゃが、珍しくこの商品は「おいしい!」と断言できて、なおかつ機能も遜色ナシといえるだろうな。

<[すだち爽やかのど飴 かりん蜂みつのど飴(大丸本舗)]のつづき>

検索
ログイン