お菓子通ネット

まいあめ工房
まいガム工房
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
ホーム
お菓子日記
駄菓子レシピ
喰わずに死ねるか!
駄菓子トリビア
業界レポート
運営者について

業界レポート

2005年 2月の業界裏話05年02月01日

お菓子ファンの皆さん、こん**わ。お元気ですか?。

新年が始まったと思っていたら、あれよあれよと言う間に早2ヶ月が過ぎ、もう既に「桃の節句」の時期となってしまいました。
今年は、我々が活動の本拠とする愛知県名古屋市では、2月17日に中部新国際空港「セントレア」の開港に続き、愈々3月25日には21世紀初の国際博覧会となる愛知万博「愛・地球博」の開幕と、色々な行事が目白押しで、とうとう2月の本HP更新作業もできないままとなってしまいました。す・すまん・・・。

こう言ったプロジェクトが矢継ぎ早にあると、それに関連した色々な行事があるので、どうしても本業の方が多忙となって中々時間を作る事が難しくなっている状況です。ま、これは言い訳に過ぎないのですが・・・。

さて、今回の業界裏話は、この様な歴史的にも重要な事柄をこなす内に「文字や文献になっていない史実を記録する事は、重要なんだなぁ~」なんて感じましたので、当社が記録した業界の歴史的な部分をWeb上に記録しておこうと考え、2ヶ月連続で掲載する事とします。

このコーナー的には、文字ばっかりで少々つまらないものになってしまうかもしれませんが、「業界の史実が何処かに埋もれてしまうよりは良いかなぁ?」なんて思ってますのでお許しを。

そそ、今回取り上げるのは「中部地区チューインガムのルーツを語る懇話会」(昭和61年9月・日本チューインガム協会中部地区主催)のものを、当時の記録のまま掲載します。ですから、出席者の中には既に他界されて見える方もお見えになるという点をご理解下さい。

皆さんの中には「何でチューインガムの歴史なのに中部地区が出て来るのよぉ~」なんてお思いの方も有るかと思いますが、その昔は「バラキャラメル」や「飴(キャンディ)」など比較的設備投資が少ない製造業を中心に、当地区では色々なジャンルの菓子製造メーカーが多数あって、全国でも有数の菓子生産地だったんです。で、その中に一角に「チューインガムメーカー」も多数あったと言う事らしいのです。

日本にチューインガムが初めて輸入されたのは大正5年で、昭和3年ごろマサキガム、新高製菓などが国産ガムの製造販売をしました。しかし、当時の食習慣などに合わず、あまり売れませんでした。
第2次大戦中、アメリカ軍の携帯食糧にチューインガムがありました。昭和20年の終戦と同時にアメリカ軍のチューインガムは、新しいファッションとして急速に日本人の間に浸透し、生活の洋風化とともに愛好者を急増させました。

ま、戦後は食糧難で、特に甘いものに飢えていた時代と言う事もあり、製品を作れば作っただけ売れて行ったと言う話を良く業界の大先輩の皆さんから聞いていますので、メーカーで奉公していた従業員が適齢期になって結婚等すると、親方としてもそれ相応の給料を払わねばならなくなりますので、その対策として「暖簾分け制度」が確立され、分家として創業すると言った時代でもあったようです。

ま、そこら辺は本編でご紹介する事として、では早速、スタート…。

chuingum1.jpg
◆中部地区チューインガムのルーツ

日本チューインガム協会(重光武雄会長=㈱ロッテ社長)では、昭和61年4月に開催した役員会で「我が国チューインガム工業史の編纂・記述を行って、後世にこれを伝える…」事を決議したが、その第1回準備会を、同協会中部支部(外山英勝支部長=㈱外山商店)が中心となり、昭和61年9月19日午後4時から名古屋市西区・料亭「志の島」で開催した。

当日は、業界OBを中心に菓子・玩具卸問屋、原材料業者を始め支部会員等27名が出席し、主として「戦後のチューインガム業界」について出席者から貴重な発言があった。

◆戦後のガム工業の変遷
chuingum2.jpg
◆丸川製菓㈱・川島好雄会長
ガムについて真っ先に思い浮かんだのは、昭和21年・マルカ・加藤重庫氏が酢酸ビニールをベースとしたガムの製造を始められ、その1年後に弊社やアメハマ製菓さんが製造を開始し、名古屋で70~80軒がガム市場に参入した。
丁度 その頃に、 国産ガム製造の先駆者であった新高製菓・森社長が来名し「フーセンガムについては弊社が国内の製造権を持っているが、中部地区の各社が一生懸命に頑張って生産に当たっているので、各社が製造する事を許可する…」とお許しを頂けた。
この恩恵があったからこそ中部地区フーセンガム業が発展し、歴史を重ねて今日が有ると言えよう。

私が最初に出会ったガムは、噛んで伸びるガムで、当時は市場で奪い合いの状態で売れたものだ。
愛知県渥美郡田原の山田さんや、名古屋のマルイマ、フジタ、アメハマさん等が製造され、弊社もガムに関心を持ち、縁があって昭和22年からガムの製造を手掛けるようになったが、それ以後は多数のメーカーが参入した。

chuingum4.jpg
◆口に入れるモノなら何でも売れた

◆アメハマ製菓㈱・堀田春一社長
統制経済が解除された昭和21年にガムの製造メーカーとして新規参入した。当時は松樹脂を原料ベースにした伸びるガムで、名古屋のマルイマさんやフジタさんが製造して見えたが、後に参入した、丸川製菓さんが酢酸ビニールベースのガムを発売した。

当時は、戦後でモノの無い時代だったので、極端な事を言えば口に入れるモノなら何でも売れ、特にサッカリンを甘味料とするガムが良く売れた。
弊社は、ガムの製造メーカーとして新規参入はしたものの、6~7年で本業のキャンディ製造メーカーに集約した。

◆㈱恵那郡名糖・伊藤文雄工場長
私は、昭和5年生まれなので戦前の事は知らないが、父・益次郎と私達3兄弟でマルイマチューインガムとして商いしていた。
父の話では、大正5年に初めて日本にチューインガムが輸入され、その後、米国・リグレー社やアメリカンチクルのガムが輸入されていたようで、その売れ行きに「何とかガムの国産化をしたい…」と言う事で随分苦労をしたようだ。

戦後、それまでの原料であった松樹脂ベースに代わり、新素材の酢酸ビニールベースが出ると、技術革新が更に進んでガム業界が勢いづいた。
当時は、マレーシア産のジロトンと言う豆腐のお化けの様なモノをブロックで輸入し、プールほどもある大水槽に入れて水分を飛ばし、当時私達がエステルと呼んでいた松樹脂を配合して純国産のチューインガムを昭和5年~昭和8年位まで発売していた。

chuingum3.jpg
◆ガムの国産化で米国人技師を招聘

◆㈱恵那郡名糖・伊藤文雄工場長
当時は、糖衣掛けされたガムも輸入されており、その国産化も図ったが、どうしても当時の技術力では上手く行かずに大変苦労した事で、米国ガム大手製造メーカーのリグレイ社に技術指導の要請をし、父・益次郎が自宅を洋式に改装してリグレイ社技師のロディ氏を3ヶ月間と言う期限付きで招聘して生産技術を学び、ようやく昭和11年~昭和12年ごろに糖衣掛けのコーテッドガムを発売した 。

しかし当時は、人前でモノを食べると言う事は蔑まれた時代で、ガムは日本の食文化にそぐわず 、随分販売に苦労をしたと聞いている。 ただ、戦前や戦時中は糖衣掛けガムの中に下剤を入れたりして薬用ガムとして販売もしていたそうだ。その後、大東亜戦争に突入した事で物資不足から原料の調達が出来ず、商売も出来なくなってしまった。
マルイマは、たまたま海軍から航空糧食の製造を委託された事で、ガムに葉緑素を入れた商品を考案し、企業化しようとした段階で戦災に有ったため、止む無く一旦製造を中断した。
戦後は、統制経済が敷かれ物資不足が深刻で、特に甘味に飢えていた時代だったので、作れば作っただけ売れさばけて行った。
私の母の実弟だった加藤重庫(マルカ)が、戦闘機の風防ガラスが原料と言う新しいガムを作って企業化したのが現在の中部地区ガム業界のルーツに当たるのではないかと思う。

と言う事で、2月の業界裏話「中部地区チューインガムのルーツ」第1編はとりあえずここまで・・・。いかがだったでしょう?
文字ばっかりですから、すんごく疲れたでしょうねぇ。
でも、結構興味深い内容だったでしょ?キャンディのアメハマ製菓さんがチューインガムを作っていたとか、中部地区で70~80軒もガムの製造メーカーが有ったとか・・。
増してや原料が松樹脂や酢酸ビニール、甘味料にサッカリンが使われていたなんてね。
3月の業界裏話は、この後半として第2編をお贈りしたいと思います。第2編では、ガム製造の原料調達を担った原材料商社さんの興味深いお話しが登場します。
では、 次回もお楽しみに・・・。
<< 2005年 3月の業界裏話 2005年 1月の業界裏話 >>

コメント

コメントはありません

コメント送信

検索
ログイン