お菓子通ネット

まいあめ工房
まいガム工房
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
ホーム
お菓子日記
駄菓子レシピ
喰わずに死ねるか!
駄菓子トリビア
業界レポート
運営者について

業界レポート

2005年9月の業界裏話05年09月10日

お菓子ファンの皆さん、こん**は。お元気ですか?
夏場になると私のPCは不機嫌になる様で、今回もHDDクラッシュやWebサーバーの移転など諸事情が重なり、2ヶ月振りの更新となってしまいました。(メンゴ…)
HDDクラッシュは、データ領域へのアクセス頻度や、やはり熱対策の不備にある様で、今回のトラブルも非常に勉強になりました。

さて、7月16日~18日の3連休の中日(17日)に6回目の「愛・地球博」に行って来ました。が、す・す凄い人出(21万5000人と発表…)で、もうフラフラになって帰って来ました。

夏休みも終り、愈々新学期がスタート。「愛・地球博」の会期も残す処後3週間足らずとなりましたが、皆さんは行かれましたか?何でもまだ来場の機会を伺っているチケット保持者が沢山居るようですので、これからラストスパートで更に凄い人出になる事も予想されているようです。

朝夕に涼しくなって来た事を考えると、ボチボチ行っといた方が良いんじゃないでしょうかねぇ。

さて、今回の「業界裏話」は、今シーズンもまた、早々と発表された「今秋のチョコレート新製品」の情報をお届けしたいと思います。


さて、当ページの常連の皆さんならもうご存知の事と思いますが、「何でこれから暑い夏を迎えるのに、チョコレートなんだぁ?」という声も聞こえてきそうですので、再々々度ご説明しますが、例年お伝えしている様に、秋は実りの秋といわれるように、お菓子の主原料となる農産品や果物の多くが初物・旬の時期を迎える事に加え、 秋は行楽の秋でもあり、人が動くことによって食品も動きが活発になります。
また、多くの量販店の売り場が春~夏物商品から秋~冬物商品へと入れ替えるための商談会をこの時期から行うため、メーカーさんの新製品は毎年この時期に試作段階が終わり製品化に向けて動き出す時期でもあるからなんです。

ま、その他の時期でも新製品として店頭に並ぶ約3カ月前には既に商品見本が出来上がり、商談に入っているといった状況なので、今回ご紹介する「今秋のチョコレートの新製品」も、発売されるのは9月~10月ぐらいとお考え下さい。

今秋の「チョコレート」大手6社の新製品は、ここ数年の傾向と同じで、全くの新製品という商品は若干少なめで、目新しもの好きな皆さんには少々不満が残るかなぁ?なんて思います。
その理由として、近年の需要不振によって、企業の収益が悪化し、新たな設備投資に予算が回りきらないために、革新的な新製品が出来ず、結果として従来品のフレーバーチェンジや規格変更が主体となっているからです。
でもその分、昨シーズン以前に発売された商品の完成度を高めた物が多く、今から発売が心待ちといった状況です。

前置きは、このぐらいにして早速各社の「新製品」の中でも特に私がお勧めしたい新製品を数品づつピックアップしてみましたので、ご紹介することにしましょう。

発売時に、皆さんの商品セレクトの一助になれば幸いです。でも、あくまで私の個人的好みが入っていますので、皆さんもご感想などがありましたらどんどんメールでお寄せ下さい。
では、スタート・・・。

◆チョコレートの大手6社今秋の新製品の特徴

glico_rogo.jpg
新たな需要を創造する為には、消費者の皆さんの期待を上回る価値の提供が不可欠。
今年の同社は「健康・機能、コミュニケーション、品質、食シーン、楽しさ・感動」の5つのキーワードで、新製品の開発とロングセラーブランドの強化を…。

bourbon_rogo.jpg
チョコレートだけに捉われず、ビスケットやケーキ、スナック等の幅広いジャンルでチョコレート使用商品郡を展開してきた同社。今シーズンは、ロングセラーブランド”ルマンド”を横展開する「クラッシュルマンド」が一押し商品に…。

fujiya_rogo.jpg
数年前から「洋菓子の不二家」を前面に押し出した同社は、「美味しさを味わう」から、更に一歩進んで「美味しさを楽しむ」商品を創造。
その究極形が、食べる文化・エンターテインメントの「ショコラジャポン、ショコラニューヨーク」と言う美しい商品へ・・・。

meiji_rogo.jpg
チョコレートのトップメーカーとして「おいしさ、Open!」をスローガンに掲げる同社は、①ショパン:待望のセカンドステージへ…②フラン:ロングセラーブランドへの挑戦…③ブランド活力による顧客拡大④新たな価値を創造する新商品を提案…と言う4つの戦略で…。
グレードアップした新商品は、 もう食べるっきゃない。

morinaga_rogo.jpg
一口サイズのケーキチョコの先駆者となった同社は、スナック化が進むチョコレート市場にあって唯一無垢チョコ路線を踏襲。
更に、スナック化で甘みが強まる傾向の中、甘さを抑えた大人の味をビターテイストで提案する新商品「アンシス、ベルベットビター」は、将に究極の一品と言えよう。

lotte_rogo.jpg
成熟化が進む菓子市場にあって、より消費者視点で満足度を高めようと考える同社は、企業理念をアピールする方法として、今秋JOC(日本オリンピック委員会)のオフィシャルパートナーに…。
ロングセラーの「ガーナ、クランキー、紗々」を中心とした商品ラインナップをトップアスリート達が魅力的に訴求…。

それでは、各社商品を私の個人的なテイスティングによって、人気となりそうな商品を順にご紹介します。
<< 2005年10月の業界裏話(愛知万博資料) 2005年9月の業界裏話(江崎グリコ) >>

コメント

コメントはありません

コメント送信

検索
ログイン