お菓子通ネット

まいあめ工房
まいガム工房
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
ホーム
お菓子日記
駄菓子レシピ
喰わずに死ねるか!
駄菓子トリビア
業界レポート
運営者について

業界レポート

2006年 3月の業界裏話06年03月01日

お菓子ファンの皆さん、こん**わ。お元気ですか?。
「ようやく暖かく春めいて来たなぁ…」と思っていたら、いきなり雪が降って来たりして、今年の「桜」もあれよと言う間に終わってしまいました。でも、日一日と暖かさも増し、これから絶好のアウトドア・行楽シーズンになりそうですよねぇ。

さて、今回の「業界裏話」は、 お菓子メーカーが新たに始めた「ニュービジネス」についてお知らせしたいと思います。

皆さんは何処でお菓子を買われるのでしょうか?コンビニ?スーパー?、それともお菓子専門の小売店でしょうか?
その様な観点から見ると、お菓子を買う事の出来る「お店」は、確実に全国ネットの組織小売業(コンビニやスーパー、ドラッグストアなど)に寡占化されているのが現状です。
私が子供の頃(昭和30年代後半~40年代)は、通っている小・中学校の近くに、必ずと言って良いほど学校指定の校章や体育館シューズ、文房具などをの他、お菓子やジュース、お好み焼きやおでんなどを売っている「**屋」なんて通称で呼ばれている小売店があったものです。
でも、最近は本当、少なくなりましたよねぇ。残念。

ま、こんな事から菓子メーカーの中には、お菓子の売場を少しでも拡大しようと「ニュービジネス(?)」に活路を求めている所もあるんです。
今回ご紹介するのは「ポッキー」「プリッツ」などで有名な江崎グリコさんが始めた「オフィス・グリコ」と言う形態です。

この「オフィス・グリコ」は、1999年2月から大阪市内でテストマーケティングを開始、2002年3月から東京、大阪で本格展開を始め、菓子の専用ボックスやアイスクリームと飲料用の冷凍冷蔵庫を設置した職場に対し、販売員が定期的に訪問して商品補充と代金回収を行うサービスです。
1日のうち長時間を過ごす職場においては、小腹満たしやちょっとした気分転換など、これまで捉えきれていなかった新しい食シーンと、新しい対象層(30代~40代男性)が存在する事から、これらのニーズに応える「オフィスグリコ」を“職場におけるリフレッシュメント提供サービス”と位置づけて、菓子市場全体の活性化も図るというものです。

では、行って見よう。

◆キター━━(゜∀゜)━━!!
office_g1.jpg
さてさて、上記の通り「ニュービジネス」としてスタートした「オフィス・グリコ」は、業界でも話題となっていましたが、業界の専門紙を発刊している弊社は、言わば関係者と言う事から、まさか当社に「オフィス・グリコ」の勧誘員が来るとは思ってもいませんでした。

が、 3月某日、突然”のそっ”と現れた勧誘員氏は「置いてもらえませんか?」の一点張り。
「エッ、家は関係者だけどいいの?」との問いかけに、「いやぁ、弊社はグリコさんから委託を受けているマーケティング代行業者ですから、全然関係ないですよ。ただ、置いて頂ければそれで良いんです…」だって。

「へぇー、そんなもんなのかぁ?」。ま、いいじゃん。

数日すると、宅配業者らしい人物がこのセットを持ってやって来ました。
キター━━(゜∀゜)━━!!「オフィス・グリコ」

◆どれどれ中身は…?
office_g2.jpg
さてさて、折角持って来てくれたのですから中身をば拝見。
1段目は小物が入ってますねぇ。

【商品紹介】
  江崎グリコ「GABA」ミルク×2
  江崎グリコ「aromamo」ミルク×3
  ノーベル製菓「VC-3000のどあめ」×3

「ふ~ん、他社製品も入ってるんだぁ」。いわゆる「ポケット物」ね。

◆2段目は?
office_g3.jpg
では2段目は?1段目よりちょっと厚みのある引き出しで…。

【商品紹介】
  江崎グリコ「ムースポッキー・濃厚」ショコラショー×2
  アサヒフード&ヘルス「BALANCEUP」バターガレット×3
  でん六「柿ピー」×3

ははぁ、こちらは「小腹満たしの、腹持ちする商品ね」
なるほどぉ。

◆3段目は?
office_g4.jpg
最後に、最下段の3段目。こちらは上の2段より大きめの引き出しで…。

【商品紹介】
  江崎グリコ「プリッツ・サラダ」×2
  江崎グリコ「キティランド・いちごクリームビスケット」×2
  亀田製菓「こつぶっこ」×3

こちらもスナック菓子系を中心とした小腹満たしのラインナップ。

◆全部100円均一!
office_g5.jpg
とまぁ、なるほど会社の事務所でちょっと小腹が空いた時や休憩する時なんかに丁度良い商品が詰め合わされています。

それでもって「全部100円均一!」。ま、選ぶ楽しさと言う面は無いにしろ、「お腹が減ったからちょっと誰かコンビニまでお使いに行ってぇ。」
「エ~、今日雨降ってるしぃ~」なんて時には重宝しますわな。

◆代金を入れてネ
office_g6.jpg
料金は、BOX上部に付いている貯金箱(?)に入れるんです。

「チャリ~ン、まいどありぃ~」なんて言ってくれると更に嬉しいんだけどなぁ。

回収員がたまぁ~にやって来て、代金の回収と商品補充をしてくれます。

また、商品のリクエスト用紙もあって「こんな商品を入れてちょうだい…」と言う要望にも応えてくれるようです。

◆大規模の事業所には…
office_g7.jpg
また、50名程度以上の職場には、アイス用のコンパクトな冷凍庫「アイスリフレッシュボックス」も用意されています。

「アイスリフレッシュボックス」は、霜取りの必要のないファン式冷却冷蔵庫で、商品の出入れに便利な4段引出し式バスケットで冷気が逃げにくく、電気代の負担が少ない省電力設計。
サイズは、たて530×よこ485×高さ955のコンパクトなサイズ。
( 冷凍庫は無償貸与ですが、電気代については設置企業様の負担となり、お菓子のリフレッシュボックスとともに設置ニーズにあわせたアイスクリームが約5種類50個程度用意されます。

同事業の詳細については、同社ホームページ

http://www.ezaki-glico.net/officeglico/index.html

まで。

◆展開地域は…
現在、下記の地域で展開されています。

■東京都内
港区、中央区、新宿区、品川区、千代田区、渋谷区 、中野区、目黒区、台東区、文京区、豊島区、墨田区、江東区

■横浜市内
中区、西区

■名古屋市内
中村区、中区、西区、東区、北区、守山区、千種区、昭和区

■大阪市内
北区、中央区、西区、福島区、浪速区、淀川区、西淀川区、天王寺区、阿倍野区、東成区、鶴見区、城東区、生野区、東淀川区、大正区、港区、住之江区、住吉区、此花区、都島区、旭区、西成区、東住吉区、平野区

■大阪府内
守口市、門真市、大東市、東大阪市、茨木市、摂津市、寝屋川市、豊中市、吹田市、松原市 、八尾市、高槻市、箕面市、枚方市、池田市、堺市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、泉佐野市

■神戸市内
中央区、灘区、東灘区、兵庫区、長田区、須磨区、垂水区 、西区

■兵庫県内
尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市 、宝塚市、川西市、明石市、加古川市、高砂市、播磨町

■福岡市内
博多区、中央区 、東区、南区、城南区、早良区、西区

[2006年3月末までの展開予定] サービスエリアは今後拡大予定です。

さて、今月の「業界裏話」は如何だったでしょう?。

ま、我々の業界も段々と色々な事が変化する時を迎えており、その時代に合せた取組みもされています。
ただ、いつの時代も忘れてはならない事は「お菓子は、美味しさ、楽しさ、夢」加えて、「安心・安全」で、皆さんの気持ちや心をホッと和ませるような商品でなくてはならないと言う事です。

一方で、ビジネス・商売と言う側面はありますが、我々が正直で全うなビジネスをする事、単なる金儲けに走らないようにする事も必要な時代になって来たのではないでしょうか?。

だって、美味しくて良い商品を作る為には、良い原料・良い製造技術が必要で、製品価格と品質は絶対的に正比例。安くて良い商品なんてあり得ないんですから…。
<< 2006年 4月の業界裏話 2006年 2月の業界裏話 >>

コメント

コメントはありません

コメント送信

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
検索
ログイン