お菓子通ネット

まいあめ工房
まいガム工房
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
ホーム
お菓子日記
駄菓子レシピ
喰わずに死ねるか!
駄菓子トリビア
業界レポート
運営者について

業界レポート

2007年4月の業界裏話07年04月01日

お菓子ファンの皆さん、こん**わ。

月末から始まるゴールデンウィークを前に、我々お菓子の業界も愈々春の需要期に入り「大忙しだぁ~!」と言いたい所なのですが、今年は(?)何か業界も落ち着いているようで、異常気象のせいにすれば「それでヨシ!」と言えばそれまでなのですが、何かこう活気が無いような今日この頃です。
ま、この大型連休が明ければ業界団体の総会シーズンに入って、メーカーを始め原料~卸などの各種組合がこぞって総会を開催して、私の本業の方も多忙となる訳なんですが、今年に入ってから余り良い話しは聞えて来ません。

ま、それでも頑張っている企業も沢山有りますし、世代交代や業界の構造改革なんてのも自分達で何とかして行かなくてはならない事なので、この「総会」を機会により良い業界の在り方が議論されれば良いのですが…。

そそ、こんな事をボチボチ書き連ねているこのコラムも、結構色々な方にご覧頂いている様で、先日はビジネスマン向けの月刊誌「リベラルタイム」(http://www.l-time.com/)さんからコラムのご依頼を頂きまして6月号の「甘くない!製菓業界の研究」に文章を寄稿させて頂きました。

私の様な者の文章を取上げて頂けるなんて、お恥ずかしい限りなんですが、少しでも多くの方にお菓子の業界の事を知って頂ければありがたい事です。

さて、今月の「業界裏話」は、当HPでこれまで細々とPRして来た「オリジナルキャンディー(仕込み飴:金*郎飴)」のページを、お友達の製菓卸問屋さんにバトンタッチして新たなサイト「まいあめ工房」(http://myame.koubou.cc/) へとリニューアルした事をお知らせしようと思います。

「宣伝かよ…」って、まぁそんな所です。ハハ…。


◆今までして来た事
'97年の9月にスタートした当HPは、当初私も会員となっていた「愛知県菓業青年会」が、一般の皆さんに「お菓子業界のPRをしよう…」という趣旨でスタートしたものでした。

当時は、昭和30年代生まれのメンバー層が非常に厚く、製作に携わる方も多くいて、其々に「こんな企画で業界をPRしたい…」と言う要望を持っていて、各コーナーごとに製作担当者がいました。

その中で、私が目を付けたのが、いわゆる「職人」と呼ばれる製造メーカーさんの卓越した技能を皆さん方に紹介したい…と言う事で、その一つとして「オリジナルキャンディー(仕込み飴:金*郎飴)」のページ「It’s Your Candies」で、皆さんからのご注文をお受けしながら優れた技術を広めようというものでした。

◆機械生産でないもの
今、お菓子が売られている所と言えば、CVSやスーパーが圧倒的なのですが、我々が子供の頃は、お菓子屋さん・駄菓子屋さんなど専業の小売店が存在していました。

そうそう、大抵どの学校の近くにも学用品などの文房具やパン・お菓子・ジュース、更にはお好み焼きやおでんなどを売っていた「お菓子屋さん・駄菓子屋さん」などがあったものです。

そこには、包装もされていないような駄菓子や玩具などが沢山あって、私も小銭を握り締めてよく通ったものです。

でも、今ではアレルギーや衛生管理など食品に関する諸問題が山ほどあって、中小零細のお菓子製造メーカーの商品を取扱ってくれるような小売店はなくなってしまいました。

でも、機械で生産されるようなお菓子と違って、職人が作るお菓子には趣があって、本当に美味しい商品も沢山あるんです。

◆生きる土俵
だからと言って、機械で生産されるお菓子がまずいと言う事ではありません。

お菓子のメーカーさんも、元を辿れば皆中小企業で、ヒット商品に支えられて企業規模を拡大し、それまで手作業して来た所を徐々に機械化し、生産量を増やして大手メーカーと言われるようになっていったのです。
そこには、いつでも・どこでも・安定した品質のお菓子を消費者の皆さんに食べて頂きたい…と言う企業理念も有りました。

ただ、どのメーカーもこの様な変遷を辿ったと言う事では有りません。機械化できない製造技術もあり、それが逆に真似の出来ない商品となって大量生産こそ出来ないが、お菓子売場にはなくてはならない商品となっているものも有るのです。

ま、言ってみれば「生きる土俵の違い…」と言う事でしょうか?

◆で、始めました。
と言う事で、これまでご好評を頂きました手作り飴(仕込み飴:金*郎飴)のページ「It’s Your Candies」を行って来ました。

ま、先に記したように、このページは素人集団が手作りで始めたものですので、ご覧のように非常に稚拙な出来で、増してや宣伝・告知などは一切行っておりませんでしたので、最初の頃は全然お申し込みも、お問い合わせも無く、閑散としたものだったのですが、それでもボチボチとご注文が頂ける様になり、そのご注文も個人の方から広告代理店さんの様にビジネスにご利用される方まで幅広くなってきました。

◆これからは「まいあめ」
そんな折、ある広告代理店さんから非常に大口のご依頼を頂き、私の片手間では何ともし難い状況となった事から、青年会のメンバーだった製菓問屋さんにご協力をお願いする事となりました。

それに際して、ご利用の皆さんに安心・便利に・オリジナルの特性を最大限に発揮できるようにHPのリニューアルを図ろうと言う事となり、同企画だけを独立させて新ページ「まいあめ工房」をスタートさせる事となりました。

ま、オリジナルの手作り飴(仕込み飴:金*郎飴) を作れる…と言う事は何も代わりは無いのですが、やはり製菓問屋さん運営のサイトですから、個人~企業用まで対応範囲は広く、ご商売にお使い頂ける様に「製造物責任表」の添付から、パッケージングまで、キャンデーメーカー同様の対応をして頂けます。

◆と言う事で…
と言う事で、「まいあめ工房」(http://myame.koubou.cc/)を宜しくお願いします。

**、なんだ宣伝かよぉ。
<< 2007年5月の業界裏話 2007年3月の業界裏話 >>

コメント

コメントはありません

コメント送信

検索
ログイン