お菓子通ネット

まいあめ工房
まいガム工房
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
ホーム
お菓子日記
駄菓子レシピ
喰わずに死ねるか!
駄菓子トリビア
業界レポート
運営者について

お菓子日記

週明けの「ホワイトデー」に向けて…11年03月10日

2月14日の今年の「ヴァレンタインデー」は、11日の建国記念日(祝日)~12日の土曜日~13日の日曜日と繋がった3連休明けと言う事も有って、家庭での手造り派が非常に多かった様です。
その反面、地域の洋菓子店や専門店が販売する「チョコレートギフト」は不振だった様で、ここでも業界の厳しさを感じました。

さて、週明けの3月14日は愈々「ホワイトデー」です。「ヴァレンタインデー」にチョコレートを頂いた男性の方々は、そのお返しに頭の痛い所ですよネ。
私も、ボランティアで地域の子供達に「ソフトボール」のコーチをしているのですが、やはり皆さんと同様に「ヴァレンタインデー」にチョコレートを頂いたので、そのお返しをアレコレと考えていたのですが、今回はこの企画でお返しする事としました。

null

20110310-Tsurufuji_Work.jpg

「ホワイトデー」でのお返し品としては、クッキーなどの焼き菓子やマシュマロ、チョコレートなどがギフトとして色々と出されていますが、中でも「キャンデー」は非常に多くの種類が有る様です。
単なるキャンデーも考えたのですが、折角ですし、ここはお知り合いの飴細工職人:鶴藤(つるふじ)さんに可愛い有平糖細工をお願いしました。

20110310-飴細工~ネズミ前.jpg  20110310-飴細工~ネズミ後.jpg

男社会が通例の職人の世界で、若干20代にして異色の経歴を持つ飴細工師:鶴藤さんが作り上げる「有平細工」は、生地となる地飴を飴切りハサミ一つで作り出す立体的なオブジェの様な細工飴。
言ってみれば工芸品とも言える様な素晴らしい作品です。
何の変哲も無い生地飴を鍋から取り出し、皆様の目の前で3分ほどの短時間で、手際良く超立体的・超リアルなオブジェとして作り上げるその巧みな技術は本当に素晴らしいものです。

20110310-飴細工~ネズミ右.jpg  20110310-飴細工~ネズミ左.jpg

さて、準備も整いましたので、週末に皆さんに一足早くお届けします。皆さんの驚く顔が今から楽しみです。



<< 東日本大震災 たまには息抜きがてら… >>

コメント

コメントはありません

コメント送信

検索
ログイン