お菓子通ネット

まいあめ工房
まいガム工房
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
ホーム
お菓子日記
駄菓子レシピ
喰わずに死ねるか!
駄菓子トリビア
業界レポート
運営者について

お菓子日記

小売店の役割10年06月10日

今週は、久々にゆっくりと出来る1週間となっています。
これまで、業界の「総会月」と言う事で、毎日の様に「総会」の取材に出かけていたのですが、ホッと一息。
何気に足元を見てみると愛用している靴の底が磨り減って大穴が開いていました。
「これはみっともない…」と、早速新しい靴を買いに地元の靴屋さんに出かけたのですが、なかなか気に入った一足に出会えないのです。

null
私は、身長182センチで靴のサイズも28センチ。地元で知られる靴屋さんで品定めしようにも、殆んどの靴は27センチ止まりで、それ以上のサイズは中々無いのが現状です。
こちらとしては、何とか新しい一足が欲しい所なのですが…。商品のラインナップが乏しい小売店さんほど買い手にとって不都合はありません。

これは、何も靴に限った事ではなく、我々が生業としている「お菓子」にとっても同じ事。折角、お客様がお目当ての「お菓子」を買いに来ても、店頭にその商品が並んでいなければ何ともなりません。
特に、我々「お菓子」の業界では、中小メーカーを合わせると何万点もの商品が有りますので、それを網羅する事は大変難しい事なのかも知れませんが、そこが小売店さんの腕の見せ所。

お店のある地域のお客さんの消費動向や地域特性などを考慮して品揃えをする事が、小売店さんの特長にも繋がるハズ。どんな年齢層のお客様が多く、どんな商品が良く売れるのか?また、その時期にその地域でどんな催し物があるのか?などがマーケティング戦略につながるのです。

ま、今回私の場合は「靴」でしたが、海外からの輸入商品を多く取扱っている「A**マート」さんが近くにあったので「海外製品なら大きなサイズもあるだろう…」と考え、お店に行くとドンピシャリ。
無事、輸入品でサイズの合った一足を見つける事が出来ました。

何と「この際だから…」と言う事で、二足目をついで買いし、合計二足を買い求めた良いお客さんになった事は言うまでも有りませんが…。
<< ルーツを知る事 異常気象? >>

コメント

コメントはありません

コメント送信

検索
ログイン