お菓子通ネット

まいあめ工房
まいガム工房
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
ホーム
お菓子日記
駄菓子レシピ
喰わずに死ねるか!
駄菓子トリビア
業界レポート
運営者について

お菓子日記

モノづくりの大変さ…10年06月04日

一昨日、本日と日刊紙上で、食品関連の商品事故の発生とお詫びの社告が大きなスペースを割いて掲載されていました。

null

食品業界にとって商品への異物混入は”直接口に入るもの…”だけに企業の存続を左右する大問題です。
一昔前は、どんな商品もヒトが手作りで”1つ1つに真心込めて…”が謳い文句となる様な時代でしたが、ヒトが介在する事によって逆に異物混入のリスクは高くなり、今では出来る限りヒトを介在させない事で異物混入のリスクを軽減しよう…と、装置産業化が進んでいる事も事実です。
しかし、完全自動化したからと言って異物混入が完全に無くなる…と言うものではありません。何故なら、生産設備も毎日の清掃や定期点検などをシッカリしているにも拘らず、予想だにせぬ部品の破損や欠落によって知らぬ内に事故が発生する事もあるからです。
機械化する事によって”ボタン一つで均一な品質の商品が出来る…”と言う気の緩み(?)も有るのかも知れませんが、どこまで行っても最終製品のチェックは必要な訳です。
食品にとって”安心・安全・高品質”は今や当然の事となっているのですが、以外にこれを実現する事は容易い事ではないのです。 20100604-10_06_04_MonoD_Toma1.jpg

私も、モノづくりの業界に携わっている以上、モノを作る事の経験や大変さを少しでも実感できれば…と、今年も3月末にミニトマトの苗3本から「家庭菜園」を始めた訳ですが、ゴールデンウィークには更に3本を追加し、ホームセンターで園芸用の土を買って来て盛り土で畝を作り、計6本のトマト栽培を開始しました。

20100604-10_06_04_MonoD_Toma2.jpg

素人菜園ですので、栽培法を近所の畑で本格的に栽培している農家の方にお話をお聞きし、苗が根付くまでは風除けの覆いを作ったり、生育に併せて長い支柱を立てたり…と可愛がっていますが、1本は残念な事に、GW連休後に吹いた強風の影響で途中で幹が折れてしまいました。結構気を付けていただけにショックでしたが、植物の生命力は凄いです。折れた幹の反対側から新たな幹が出て、そちらの方は順調に育っています。

20100604-10_06_04_MonoD_Toma3.jpg

最近では、黄色い小さな花が咲き、花が終わった後には小さな可愛いトマトの赤ちゃんがちゃんと付いています。1房に6~8個も付いている事からすると、これは結構な収穫が出来るのではないか?と、今から楽しみです。
モノ作りは大変ですが、やはり遣り甲斐のある仕事です。
<< 異常気象? やっと総会の嵐が一段落 >>

コメント

コメントはありません

コメント送信

検索
ログイン